絶縁針(ニードル)脱毛は痛まない!?痛み・かゆみも医療機関なら安心!

永久脱毛といえば、今ではレーザー脱毛を想像する人が多いですが、元々は針(ニードル)脱毛のことでした。
ちょっと前までは電気が肌にふれ、火傷などの肌トラブルが多かったのですが、最近では皮膚に電気が伝わらないように開発された絶縁針で脱毛をします。

クリニックでは安全で確実な脱毛を行うためにレーザー脱毛と併用して絶縁針(ニードル)脱毛をするところもあります。

今回は、絶縁針脱毛の安全性と事前に知っておきたい知識やぶいの価格などについて紹介します。

合わせてこちらの記事もどうぞ!

絶縁針(ニードル)脱毛の仕組みと効果!レーザーだけでは永久脱毛は無理!?

2018年12月12日

安全で確実な絶縁針脱毛はクリニックだからこそできる!火傷を防ぎ痛みを感じにくい脱毛!

元々が逆さまつげを抜く方法として120年以上前に始まった針脱毛ですが、日本で本格的に取り入れられたのは1960年あたりからです。
1980年代にはエステでも電気脱毛を行うようになり、広く知られるようになりました。

この電気脱毛は通電した針が皮膚と接触するために、非常に強い痛みが伴ったり、火傷や色素沈着を起こしやすいという欠点がありました。

しかしこの欠点を克服したのが、絶縁針脱毛です。
この脱毛法は、毛の発生源であるもう乳頭を正確に電気熱で処理し、皮膚表面に火傷跡などを残さないようにすることに重点を置いて開発されました。

各部位の毛質と成長期の毛根の深さに合わせて、最も効果的な太さと長さの針を作りました。
この針は全部で20種類近くあり、針の根元を太くして針がもう乳頭より深く挿入されることがないようにしました。

さらに皮膚に接する部分を絶縁することで、皮膚に電気熱が伝わらないようにしています。
これにより、レーザーでは脱毛しづらい場所や日焼けした肌でも、安全で確実な脱毛ができるようになったわけです。

最近では、この絶縁ばりを用いて、重度のニキビ治療も行われるようになっています。

絶縁針脱毛は通電時間が短く強い痛みを感じにくい

絶縁針脱毛は医療行為のため、エステでは行えません。
この方法は技術者の熟練した技術と時間が必要なため、最近ではクリニックでも行なっているところが少なくなっています。

毛穴に針を挿入し、そこに電気を通して毛の発生源を破壊するというのが絶縁針脱毛のメカニズムです。
らエーザーが光の作用によって脱毛する間接法なら、絶縁針脱毛は毛にダイレクトに作用する直接法と言えます。

また、針を刺すというイメージから痛みを気にする人が多いようですが、一番痛いのは、針を挿入するときよりも電気を通すときです。
つまり、通電時間が長いほど、強い痛みを感じるわけです。

絶縁針脱毛は通電時間が0.2秒〜1秒と短く、強い痛みを感じにくい点も優れています。

さらに以下の2つの方法で痛みに対処することもできます。

  • 背術前にアイスパックで脱毛部位を冷やして行う
  • 痛みを感じやすい敏感な場所に麻酔をしてから行う

絶縁針脱毛を受ける前に知っておきたい5つのこと

絶縁針脱毛を受ける前には事前にある程度の知識があったほうが不安も解消されますし、治療もある程度安心して行えます。

①信頼できるクリニックを選ぶこと

毛穴に針を挿入するので徹底した衛生管理のできているクリニックを選びましょう。
また、針も個人専用での使用を徹底しているところを選びましょう。

②絶縁針脱毛に適している部位と適していない部位

脇やvライン、または色素が濃い箇所である唇の周辺や乳首の周辺などは絶縁針向きです。
腕やひざ下などの広範囲の場合は時間も費用もかかるのでレーザー脱毛の方が向いています。

③絶縁針脱毛が受けられない場合もある

絶縁針脱毛は身体に高周波の電流を通しますので、妊娠初期や心臓の悪い人、当日熱が38度以上ある人は脱毛することができません。

④部位別の回数とそれぞれの料金

個人差はあるのですが、絶縁針脱毛の料金の目安を以下で紹介します。
クリニック選びの基準として参考にしてください。

絶縁針脱毛の各部位の回数と料金
初診料 3,000〜5,000円
5〜6回
10〜15万円
5〜6回
15〜25万円
ひざ下 5〜6回
15〜25万円
ビキニライン 4〜5回
15〜20万円

⑤希望に合わせたサイクルで脱毛ができる

平均的な脱毛サイクルは1〜2ヶ月に1回です。
早く終了したい場合や一時中断したい場合など、医師に相談して、自分の希望に合わせてたスケジュールと組みましょう。

まとめ

脱毛のほとんどはレーザー脱毛である程度脱毛できますが、完全な脱毛をするためには絶縁針脱毛も必要になります。
レーザーでは行き届かない部位の脱毛はぜひ絶縁針脱毛で綺麗な肌にしましょう!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼い頃から剛毛になやまされ続け、ムダ毛に悩まさられ続けた私の脱毛体験記を綴っています。 いかに安く脱毛ができるのか研究し論文、書籍を読み現在、家庭用脱毛器トリアで脱毛実践中。 また、男性のための脱毛クリニックなど最新の脱毛情報を発信します!