絶縁針(ニードル)脱毛

絶縁針(ニードル)脱毛はワキガが治ったり改善される効果あり!

投稿日:

絶縁針(ニードル)脱毛に関してこれまで色々と記事を書きました。
絶縁針(ニードル)脱毛はレーザー脱毛では脱毛できない、色素が濃い箇所やその周辺の脱毛をする際に使用します。

レーザー脱毛と絶縁針(ニードル)脱毛を併用することで、完全な永久脱毛をすることも可能です。

この絶縁針(ニードル)脱毛ですが、脇(ワキ)の脱毛をすることでワキガが治るという話があります。
今回は、脇の脱毛とワキガの改善について紹介します。

絶縁針(ニードル)脱毛の治療までの流れは以下の記事を参考にしてください。

脇(ワキ)の脱毛でワキガが改善!?おすすめは絶縁針を使用した脱毛

脇(ワキ)の脱毛でワキガが治るというのは本当なのでしょうか。
ワキガは、脇のもうこう周辺にあるアポクリン汗腺と呼ばれる皮脂腺が一番の原因と考えられています。

分泌された皮脂は毛穴の途中で汗と合流して、汗と一緒に毛にこびりつきます。
これに細菌が付着すると、いわゆる腋臭(ワキガ)の元になります。

これを改善するのが、絶縁針(ニードル)脱毛です。
絶縁針(ニードル)脱毛は、脱毛をするのと同時にワキガの改善にも効果があるんです。

絶縁針(ニードル)脱毛はワキガの軽減・改善をする効果がある!

絶縁針(ニードル)に夜永久脱毛方は毛根周辺を広く電気凝固することができるので、ワキガの原因となるアポクリン腺の一部も同時に破壊することができ、ワキガを軽減することができます。

ただし、完全にワキガが治ることはありません。
匂いが完全になくなるわけではなくあくまで軽減です。

しかし、絶縁針(ニードル)脱毛をすることにより、脱毛ついでにワキガの軽減ができるので、ある意味一石二鳥ですね。
そんなに匂いがきつくなく鼻を近づけると臭うかなという程度の人であればかなり改善される可能性は高いですね。

ワキガを直すには専用の絶縁針(ニードル)を使用することで改善される

ワキガの治療に効果を出すのは汗腺凝固法と呼ばれる特殊な絶縁針を使用して、皮下の皮脂腺を広く電気凝固する方法です。
脇の脱毛の際に半年に1回ほど、永久脱毛と併用することで、より効果が高まります。

それほど広くは服しているわけではありませんが、主に日本医学脱毛協会の加盟病院で行われています。

気になる方は、担当医に相談することをお勧めします。

まとめ

脇の脱毛(絶縁針)はやり方によってはワキガの軽減や改善に効果を出すことがあります。
今、脱毛もしたいし、ワキガの治療もしたいという方にとってはかなり嬉しい情報かなと思います。

脱毛とワキガの治療でどちらにも費用を支払うより、脱毛をしながらワキガの治療ができれば一石二鳥です。
脇の脱毛を気にワキガの治療もしたい方はぜひ、医療機関で相談してみてはいかがでしょうか。

合わせてこちらの記事も参考にしてください。

それでは!



-絶縁針(ニードル)脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2019 All Rights Reserved.