レーザー脱毛

妊娠中のレーザー脱毛の照射や出力で母体や胎児に影響はあるのか?安全なのか?

投稿日:

レーザー脱毛は「医療用」なので妊娠中の人がレーザー脱毛をすると、胎児に影響があるのではないかと思う方は多いと思います。

今妊娠中でどうしても体毛が気になり、脱毛をしたい方はレーザー脱毛は安全なのかと疑問を感じてしまいます。
やっぱり「レーザー」という言葉を聞くと退治にレーザーが照射し何らかの影響を及ぼすのではないか。
レーザーの影響で細胞がおかしくなり、母子ともに危険な目に合わないかと思ってしまう方は多いと思います。

結論をいうと、医療用レーザー脱毛は放射線ではないので体に影響はありませんし副作用もありません。
詳細な記事は以下を参考にしてください。

また妊娠中の方でも、母子の体に何か影響を及ぼすということはありません。

今回は妊娠中のレーザー脱毛について、母体や胎児への影響について紹介します。

医療用レーザー脱毛は放射線ではないので妊婦の方にレーザーを照射しても胎児に影響はない

上記でも述べたように、脱毛に使用する医療用レーザーは放射線ではないので、妊婦の方にレーザーを照射しても、母体に何か起きるわけでもなく、胎児にも影響はありません。

しかし、妊娠中の方へのレーザー脱毛は問題ないと言っても、やはり、医療行為ですから、妊娠中にレーザー脱毛をしなくてもいいと思います。

妊娠中は精神的にもデリケートな時期なので、この時期にレーザー脱毛をする必要はない

妊娠中は精神的にも非常にデリケートな時期です。
レーザーに限らず、様々な刺激を母体に与えることは避けるってことは当たり前だと思います。

いくら安全だからと言っても、流産や早産の原因になってしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。
よほどの理由がない限りは、出産後、精神的に落ち着いた後でレーザー脱毛をすることをオススメします。

どうしても、妊娠中にレーザー脱毛をしたいという人は妊娠中期からの脱毛がオススメ

それでも、どうしても脱毛をしたいという方がいる場合は、不安定な時期である妊娠初期(1〜4ヶ月)を避けるようにしましょう。
妊娠中で脱毛する時期は、比較的安定してくる妊娠中期(5〜8ヶ月)からの脱毛がおすすめです。

でもやっぱり、妊娠中のレーザー脱毛が不安であればやめときましょう。

しかし、やはり妊娠中の母体にレーザーを照射するのは、私はおすすめしません。
お腹の中の胎児のことを考えると、出産後にいくらでもできるはずです。

妊娠中は精神的な不安などもありますので、さらにレーザー脱毛をするかしないかで悩むくらいであれば、やらないほうが絶対にいいと思いますよ。
出産後に脱毛をしても遅くないですし。そちらの方が安心して脱毛できますよね。

脱毛よりもまずは安全な出産を第一に考えて、出産後にゆっくり脱毛をしましょう!

まとめ

妊娠中のレーザー脱毛は母体、胎児に影響を与えることはありません。
医療用レーザー脱毛は、放射線ではないので、安全性は高いですが、妊娠中の精神面、もし何か取り返しのつかないことを考慮すると、妊娠中のレーザー脱毛はやめておきましょう。

妊娠中に、レーザー脱毛による刺激で、流産や早産の原因となってしまっては大変です。
なんども言いますが、まずは無事に出産をしてから精神面で安定した後で脱毛をすることは遅くありません。

まずは、お腹の中の子供のことを考えてあげましょうね!

結論!妊娠中のレーザー脱毛はやめときましょうw

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-レーザー脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.