レーザー脱毛

レーザー脱毛は副作用があるのか?レーザ出力での有害、皮膚ガンの影響はあるのか調べてみた

投稿日:

レーザ脱毛をするのは安全だとこのブログでは伝えていますが、脱毛ごの副作用などはあるのでしょうか。
また、脱毛後の肌に有害なことは起こるのでしょうか。

前回の記事でも、レーザあー脱毛の安全性について書いているので、興味がある方は参考にしてください。

顔はレーザー脱毛はできるのか!?レーザー出力による目への影響は!?

日焼けのレーザー脱毛は危険!黒い色素で肌に反応する!?大丈夫な人ダメな人の差

今回はレーザー脱毛による副作用はないのか。また有害なことはあるかを調べて見たので紹介します。

レーザー脱毛の副作用の有無とレーザーの出力による有害性

レーザー脱毛と聞くと、特撮や映画で見た武器を想像してビームが飛んでいるようなイメージではないのでしょうか。
そのようなレーザーが体に当たっても大丈夫なのかと思う人は多いはずです。

結論を言うと、医療機関でしっかりとしっかりとした専門医が管理するところでちゃんと受けることで、体への悪影響はありません。
それではどのようなことなのかを以下で説明します。

レーザー脱毛機器は副作用はなく、人体には無害なものなので安全に脱毛ができる

現在、レーザー機器には医療用レーザーと工業用レーザーがあります。
脱毛に使われるのは医療用レーザーであり、公的に定められた安全基準にしたがって、人体に害を及ぼさないような低い出力レベルに設定されています。

さらにきちんとしたドクターの管理の元で、レーザー脱毛が行われる限り、体への悪影響はありません。
また、医療用で使われるレーザー脱毛機器のレーザー光にはX線のような副作用はありませんし、人体には無害です。

レーザー脱毛では、まれに疲れに似ただるさを感じることはあるが、一時的な現象であり、害はない

レーザー脱毛は、照射時に正常な細胞に悪影響を与えることなく、照射のターゲットとなる毛の黒い部分、毛根のみを確実に破壊します。
この照射によって周りの皮膚組織を傷つけることはありません。

まれにレーザー照射後に疲れに似ただるさを感じることはありますが、これは一時的な現象であり、危険性はありません。

医療用レーザーの光は毛根よりも深いところにある血管や内臓などを傷つけない。皮膚ガンの原因にもならない

医療用レーザーの光は、皮膚の表面から深さ3〜4ミリくらいのところまでしか達しないようになっています。
なので毛根よりも深いところにある血管や内臓などのを傷つけることもないです。

また、よく皮膚ガンの心配をされる人がいますが、皮膚ガンの原因となるのは紫外線による影響です。
脱毛に使われるレーザーは赤外線に近いものですので危険性はないと考えて大丈夫です。

まとめ

レーザー脱毛による人体への副作用はありません。
まれにレーザー照射後に疲れに似た症状が出ますが、一時的なものです。

また、正常な細胞や血管、内臓を傷つけることはないので、問題ないです。
さらに、専門医の管理の元でレーザー脱毛が行われるので、安全面にはしっかりと配慮されています。

これから、レーザー脱毛を受けられる方で、人体への副作用や影響で心配な方はぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-レーザー脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.