親子で手軽に脱毛!悩みを解決するブログ!

剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ




レーザー脱毛

レーザー脱毛の種類と効果!エステで氾濫した間違ったレーザー脱毛

投稿日:

今では一般的になっているレーザー脱毛ですが、元々はアザの治療から偶然生まれた脱毛方法なのです。

今回は、このレーザー脱毛の歴史とレーザー脱毛の種類、そしてオススメできないレーザー脱毛について紹介します。

レーザー脱毛の歴史と種類とその効果!エステの脱毛は危険なものもあるので要注意!

脱毛や永久脱毛というと、以前は針(ニードル)脱毛のことでした。
針脱毛は今から120年以上前に逆さまつげの治療のためにアメリカで始まったのがきっかけとなります。

針脱毛は、ひざ下や太ももなどの広範囲の脱毛をするには時間がかかってしまいます。
また、脱毛するためには、事前にそのぶいの毛を伸ばしておかなければなりません。
その上、針脱毛したあとは赤く腫れることもあり、顔などの脱毛の時には特に技術が必要になります。

そこで考えられたのがレーザー脱毛でした。
レーザー脱毛が可能になってからは、それまで脱毛にかかる時間や皮膚の腫れなどで諦めていた人たちも積極的にレーザー脱毛を受けるようになっていきました。

アザ治療から生まれたレーザー脱毛

では脱毛レーザーはどうやって誕生したのでしょうか。
実はアザやホクロを焼きとる治療に使う医療用レーザーの治療から生み出されました。

アザや黒子に医療用レーザーを照射して焼きとる治療を行なっていた時代に、これらにレーザーを照射すると、その部分の毛が生えなくなることがわかりました。
そこで、正常な皮膚に直接レーザーを照射し、脱毛する実験が始まったのですが、すぐに壁にぶつかります。

表面の皮膚を火傷させない程度の出力でレーザーを照射すると、どうしても毛が再生を繰り返すという問題がおきます。

レーザー脱毛の失敗の歴史。ヤグレーザーとルビーレーザーの失敗

上記の失敗により、レーザー脱毛の研究は進んでいきます。
脱毛するのであれば、毛を再生する毛乳頭を破壊することで、毛が生えてこないことは針脱毛で証明されています。

そこで海外の医師たちは、ケア何か本を塗布し、ヤグレーザーというレーザーを照射することでカーボンと一緒に毛乳頭を破壊しようとしまいたが、これも失敗します。
原因はカーボンで毛乳頭を破壊できる位置まで浸透させることが困難でした。

さらに1996年に白人を対象にしたルビーレーザーによる脱毛が成功したという研究が発表されました。
日本人が早速このルビーレーザーを輸入し、実際に日本人の肌に照射したところ、照射した部分が赤く腫れた状態になりました。

ルビーレーザーは日本人に向いておらず輸入は中止されました。

日本人のレーザー脱毛を諦めかけていた時期に「アレキサンドライトレーザー」での脱毛が可能であるとの情報が入ります。
この照射には日本人でも無事に脱毛ができ、1997年からアレキサンドライトレーザーによる脱毛治療が日本でも始まりました。

脱毛レーザーの種類と特徴と効果について

今では脱毛レーザーはアレキサンドライトレーザー以外にも数種類におよびます。
以下では、それぞれの脱毛レーザーの種類と特徴とその効果について紹介します。

脱毛レーザーの種類についてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので参考にしてください。

LPIR(サイノシェア社製)

アレキサンドライトレーザーの代表格で、このレーザー脱毛が日本で始まりました。

パルス幅(照射時間)が5msecを初めて超えたロングパルスレーザーで20msec隣、脱毛に使用された時期が長いです。

GENTLELASE(キャンデラ社製)

パルス幅3msecのアレキサンドライトレーザーで、表皮の熱緩和時間よりパルス幅が短いのが特徴です。
肌の色が濃い日本人には火傷の可能性も指摘されていましたが、これを補うためにガス冷却装置が装備されています。

脱毛するスポットサイズが大きいので脱毛時間も短縮できるところが特徴です。

Qヤグレーザー

永久脱毛は難しく、一時脱毛しかできないとされています。
しかし、色素沈着やシミ治療などは効果的に使用されています。

さらにカーボンを塗布して、毛穴のピーリングなどにも使用されています。

ダイオードレーザー

このレーザーは、先端にコンタクトクーリングという冷却装置がついており、表皮を冷やしながらレーザー脱毛できるので、火傷の可能性も少ないと言われています。

また、冷やすことで痛みも緩和できるので、男性の太いあご髭の脱毛にも効果的と言われています。

エピライト

短い波長をのぞいて、幅広い可視光線領域の波長の光を照射できる機械で、レーザーではありません。
しかし、レーザー同様の理論に基づいて作られています。

特徴としては火傷しやすいので出力を落とし、エステライトとして一部のエステティックサロンでも使用されています。

エステのレーザー脱毛は間違い!偽の広告に騙されないように!

レーザー脱毛が流行り始めた時期に、脱毛の広告で、「レーザー脱毛、全身で年間フリーパスが今なら〇〇万円!」というような格安と思われるものが多く見られました。
今でもちょいちょいと見ますが。。。

エステティックサロンの広告にも、たまに「レーザー脱毛」と謳っているものがあります。

レーザー脱毛の機器は、輸入の際に医師の申請と厚生労働省の許可が必要です。
ところがある業者ではヤグレーザーを不正に入荷し、エステ業界でもレーザー脱毛という広告を立つようになりました。

しかし、レーザー機器を使っての脱毛は医療行為となり、医師にしか許可されていません。
ましてやレーザーは医師にすら使いこなすことが難しい機器と言われています。

医療レーザーによる脱毛が人気になっている今、それに便乗した偽広告に騙されないようにしましょう。

まとめ

医療レーザー脱毛には失敗の歴史いがあり、そのレーザー機器を使えるのは医療行為が行える医師のみです。
間違ってもエステでのレーザー脱毛は受けないようにしましょう。

皮膚トラブルを起こした後では後悔しかありませんよ!

それでは!



-レーザー脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2019 All Rights Reserved.