レーザー脱毛

レーザー脱毛に使われるレーザー5つの種類と効果について

投稿日:

これまでレーザー脱毛を紹介してきましたが、レーザー脱毛にはどのような種類があるのか知っている方は少ないと思います。

このブログでも紹介していますが、「永久脱毛」をするには医療機関で使われるレーザー脱毛だけです。

レーザー脱毛の効果についてはこちらの記事も参考にしてください。

今回は脱毛用レーザーの種類を紹介します。

脱毛用レーザー5つの種類とその効果について

日本に脱毛用のレーザーが紹介されたのは1997年です。
そのときに導入された機会は、サイノシュア社のアレキサンドライトレーザー(LPIR)でした。
その後、数種類の脱毛レーザーが国内でも使われるようになりましたが、代表的な脱毛レーザーの種類について紹介します。

アレキサンドライトレーザー:LPIR(サイノシェア社製)

医療脱毛など治療の主流として使われるものです。
皮膚への照射時間(パルス幅)を、5ミリセカンド・10ミリセカンド・20ミリセカンドの3段階に変えることができるのが特徴です。
※店セカンドは1000分の1秒

照射スポットのサイズには直径7ミリと10ミリの2種類があり、この範囲内の毛根を一度に処理できます。

アレキサンドライトレーザー:GENTLELASE(キャンデラ社製)

同じアレキサンドライトを媒質としたレーザーですが、サイノシェア社製とは別ものです。
パルス幅が3ミリセカンドと表皮の熱緩和時間より短いため、日本人は火傷を起こしやすいのではないかと心配されていましたが、これを補うためにガス冷却装置がつけられています。

パルス幅が細いために細い毛に効果があると言われています。

半導体レーザー(コヒレント社製)

レーザーを照射する先端部分に冷却装置が入っており、脱毛しながら皮膚を冷やすことができます。
火傷をしにくく痛みをやわらげる効果があるので、男性の顎髭の脱毛などに使われることが多いです。

ヤグレーザー

アメリカで生まれたレーザーでゴールドバーグという博士によって開発されたレーザーですが、開発したゴールドバーグ博士の結論としても、一時的な脱毛しかできないとされています。

エピライト:INTENSIVE PULSE LIGHT(ESC製)

元妃つにはレーザーではありませんが、出力を落として「エステライト」という名前で一部のエステなどに販売されていました。
エピライトは短い波長の光を除いて全ての波長の光を照射するものですが、火傷を起こしやすいと言われています。

まとめ

レーザー脱毛にはこの他にも最新技術を使ったものが多く出されています。
永久脱毛をするには医療用レーザーでしかできないことは当たり前ですが、今後はもっと簡単に1日で永久脱毛ができるすごいレーザー脱毛機が出てくるかもしれませんよね。

綺麗な肌とツルツルの肌を手に入れたいのであれば、ぜひレーザー脱毛をおすすめします。

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-レーザー脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.