ケノン

ケノンの脱毛効果を高める保湿とスキンケア

投稿日:

家庭用脱毛器ケノンは脱毛をする使用頻度は2週間に1回が基本ということを前回の記事で紹介しました。

脱毛器のケノンは毎日使わず2週間に1回の使用で効果がでる「毛周期」を把握しよう

家庭用脱毛器ケノンを購入したのはいいですが、どのくらいの頻度で使用すればいいのか迷ってしまうことがありますよね。 毎日すればいいのか、それとも一日おきか、一週間に一回なのかって考えます。 今回は家庭用 ...

しかし、毎日のスキンケアをしないと、ケノンの脱毛効果は最大限には発揮できません。
紫外線を浴びない生活と毎日の保湿ケアで、綺麗な肌を手に入れることができます。

もちろん、男性も毛深い体の体毛や髭を無くしたい方は、毎日の保湿が必要です。
今回は家庭用脱毛器ケノンの脱毛効果を高める保湿とスキンケアについて紹介するので参考にしてくださいね。

家庭用脱毛器ケノンの脱毛効果を高める「保湿」。毎日のセルフケアが大事です!

家庭用脱毛器「ケノン」の脱欧効果を最大限に得るためには、肌のケアをする「保湿」が大切になります。
せっかくムダ毛が無くなっても、肌が乾燥してボロボロでは全く意味がありません。

体毛は皮膚の角質化によって生じた構造に由来すると言われており、皮膚、つまり肌の変化形が毛で、肌と毛は切っても切れない深い関係にあります。
脱毛は肌ケア、特に保湿をすることがかなり大事なのです。

ケノンのフラッシュ式脱毛の照射は熱による肌への乾燥を招く

ケノンはフラッシュ式の脱毛器であり、この脱毛器の照射は熱が発生するため照射ごに肌が乾燥しやすくなります。
さらに肌が乾燥した状態での照射は、外部刺激からのバリア機能が弱まった状態なので、痛みを強く感じやすくなったり、火傷などのトラブルを起こしやすくなります。

また、刺激を受けた表皮は「ターンオーバー」が活発になり、新陳代謝の速度が乱れる可能性があります。
表皮を保護している角質層から角質が剥がれやすく、バリア機能が低下してしまいます。

脱毛効果を高めるために必要な肌の「バリア機能」

それでは、この「バリア機能」とはどうのような機能なのでしょうか。
健康的な肌には内部の水分を保持したり、外部からの異物が侵入するのを防ぐ優れた機能があります。

1次バリアは皮脂膜で、弱酸性の脂分によって水分の蒸発を防ぎます。
これは常在菌と言われる善玉菌が悪玉の病原菌から肌を守り、紫外線もカットしてくれます。

脱毛効果を高めるには常に「保湿」と「バリア機能」を高めるためのケアをするようにしましょう。

家庭用脱毛器ケノンを使用する際のフラッシュ脱毛じの保湿のメリット

ケノンの脱毛効果を高めるためには「保湿」が大事です。
そのためには化粧水など、ボディクリームをつけることで保湿をすることができます。

それでは保湿をすることでどのようなメリットがあるのか以下で紹介します。

  • 光照射時の肌トラブルを防ぐ
  • 肌が水分を保ち柔らかい状態になることでけが落ちやすくなる
  • 埋没毛になりにくい

保湿は何よりも大事なので脱毛じは必ず実施するようにしてください。

まとめ

脱毛をする際は、同時に保湿やスキンケアが何よりも大切になります。
ケノンのフラッシュ脱毛をした後は、肌の水分がとび乾燥した状態となります。

脱毛前、脱毛後は必ず、肌のケアをしていつも綺麗な状態にしておくことで脱毛効果は何倍にもなりますよ!

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ケノン

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.