ケノン

ケノンは日焼けすると脱毛ができない!紫外線はシミやたるみの原因になる!

投稿日:

家庭用脱毛器ケノンを使っている、またはこれから購入しようとしている方で、ケノンは日焼けした肌にも問題なく使えるのかと思う方がいると思います。

ケノンはフラッシュ式の脱毛方法でありレーザー脱毛ではありません。
レーザー脱毛は日焼けした肌には使用ができませんが、ケノンのフラッシュ脱毛はどうなるのでしょうか。

ちなみにレーザー脱毛と日焼けに関しての記事はこちらを参考にしてください。

今回は家庭用脱毛器ケノンの日焼けの使用について紹介します。

家庭用脱毛器ケノンは日焼けした肌には脱毛してはダメ!フラッシュ式の照射で火傷することも

家庭用脱毛器「ケノン」はフラッシュ式の脱毛器です。
フラッシュ式では、ほくろや濃いシミに照射することはできません。

濃いい色の部分は火傷の恐れがあります。
同様に、日焼けした肌にも強い出力で照射することができません。

エステサロンや医療機関では、日焼けにより激しく肌の色が変化している人は背術を拒否されることもあります。

日焼けはシミやシワ、そばかすが増えるばかりか、たるみの原因になる

日焼けをすると肌の色が黒くなるだけでなく、肌の水分が奪われて乾燥してしまいます。
また、紫外線が原因でシミ、シワ、そばかすが増えるばかりか、たるみの原因にも繋がります。

さらに、肌の色は日焼けによって色が濃くなっているので脱毛ケアも美顔ケアもできないという結果になってしまいます。
毛のない綺麗なツルツル肌になるにはやはり日々の日焼けケアも大事なことです。

日焼け止めの基礎知識

日焼けをすると肌にはあまり良い影響がないことが上記で紹介しました。

日肌が乾燥した状態になるということと、家庭用脱毛器ケノンを使う際も、肌の黒い色に反応して、施術時に痛みが走ったり、中には火傷になる場合もあります。

このような状態になる前に日焼け止めをしますが、日焼け止めには「PA」、「SPF」というものがあります。
それぞれの知識を頭に入れておきましょう。

  • PA:紫外線A波(UVA)は肌の奥にまでダメージを与え廊下をうながします。これをカットするのは日焼け止めの表示にある「PA」であり、「+」の数が多いほど、効果があります。
  • SPF:赤くなってヒリヒリするような日焼けの原因は紫外線B波(UVB)です。これを防ぐには「SPF」が有効で、ヒリヒリし始める時間を伸ばすことができます。SPF10であれば、その時間を10倍伸ばす効果があります。肌に塗る量が少ないとあまり効果は得られません。

さらに日焼け止めを選ぶ目安として以下を参考にしてくださいね。

日焼け止めを選ぶ目安
日常生活 SPF20 PA++
アウトドア(普通肌) SPF50 PA+++
アウトドア(敏感肌) SPF30 PA+++

まとめ

結果的には日焼けした肌に、家庭用脱毛器ケノンは使用ができません。
しかも、日焼けした後も肌の色が黒い場合もケノンを使うことができません。

その訳はフラッシュ式の照射は「黒い色」に反応します。

日焼けの肌には、家庭用脱毛器を照射しないようにすることが大事です。

また、日焼け防止のためにしっかり日焼け止めをするようにしましょうね。

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ケノン

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.