ケノン

脱毛器のケノンは毎日使わず2週間に1回の使用で効果がでる「毛周期」を把握しよう

投稿日:

家庭用脱毛器ケノンを購入したのはいいですが、どのくらいの頻度で使用すればいいのか迷ってしまうことがありますよね。
毎日すればいいのか、それとも一日おきか、一週間に一回なのかって考えます。

今回は家庭用脱毛器ケノンの使用頻度について紹介します。

家庭用脱毛器ケノンは毎日使った方がいいのか!?ベストな使用頻度は2週間に1回!

脱毛機器がせっかくあるのであれば、ベストな使い方をしたいはずですよね。
ケノンは家庭用脱毛器としては、口コミでも評価が高く、満足できる脱毛ができるので使用回数はしっかり把握しておきましょう。

そもそも体毛には「毛周期」があります。
全身には百万本以上もの毛が生えているといわれますが、抜けたり生えたりしながら、成長期→退行期→休止期のサイクルで生まれ変わります。

脱毛する際は、この「成長期」を狙って照射するのが効果的と言われています。
これは毛のメラニン数値が最も高く、フラッシュ効果を十分に発揮できるからです。そして理想的な脱毛サイクルは2週間となります。

それでは脱毛の仕組みを以下で詳細に説明しますね。

「成長期」 脱毛の照射にはベストな時期

毛母細胞と言う毛を成長させる細胞で活発な分裂によって毛球ができ、毛穴で成長します。
毛母細胞ないの毛細血管から栄養が送られ、、その栄養で毛はどんどん伸びていく時期です。

これが脱毛をする際のベストなタイミングと言われます。

成長期の毛は全体の2割前後なので、たとえ照射の効果が感じられなくても慌てる必要はないです。

退行期

毛母細胞の細胞分裂が衰え、毛穴が萎縮します。
毛根が押し上げられ、毛球部分は毛乳頭から離れます。

休止期

毛の成長がストップし、すぐに抜ける状態となっています。
この時、新しい毛を作る準備をしています。

上記のように「毛周期」がわかっていなければ、照射を毎日やっても効果は出ませんし、カートリッジの無駄な消耗をしてしまいます。
逆に効果が出ていないように思えても毛の仕組みを理解していれば問題ないと感じるはずです。

ちなみに以下のように各部位によって異なる毛周期について表でまとめているので参考にしてください。

体の各部位の毛周期
体の部位 成長期 休止期
2〜6年 3〜4ヵ月
3〜5ヵ月 3〜5ヵ月
4〜6ヵ月 4〜6ヵ月
ワキ 3〜5ヵ月 3〜5ヵ月
ビキニライン 1〜2年 1〜2年

ケノンであればエステサロンでの脱毛に比べて理想的な脱毛ができる

エステサロンでの脱毛間隔は、2ヵ月に1回程度が一般的です。
しかし、毛は体の各部位によって成長スピードが異なります。

上記の表でもわかるように、体の各部位によって一律に2ヵ月に1回と言うペースで脱毛をするのは効率がよいとは言えないですね。

家庭用脱毛器の「ケノン」であれば、それぞれの部位に対して理想的な間隔での照射が可能です。
間隔的に2週間に1回、生えてきた新しい照射していくうちに次のような変化が訪れ間隔を開けられるようになります。

  • だんだん毛が生えてくる量が減ってくる
  • 太い毛が減り、毛が細くなってくる
  • 空いていた毛穴が引き締まってくる

効果としては半年ほど続けていくうちにこうした実感が出てきます。

まとめ

エステでの脱毛はなかなか予約が取ることができませんし、通うのもめんどくさくなってしまいがちです。
しかし、家庭用脱毛器ケノンでは自分のペースで脱毛をすることができますし、毛周期を把握することで効率よく脱毛をすることができます。

綺麗な脱毛をしたいのであれば、ある意味エステよりもケノンの方が効果が高くなりますよ。
興味がある方はぜひ試してみてください。

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ケノン

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.