ケノン

無痛の家庭用フラッシュ脱毛器は「ケノン」が効果No1!徹底比較!

投稿日:

脱毛に悩んでいる方は、一度は家庭用脱毛器「ケノン」を目にした方は多いかと思います。
実際、ケノンはどれだけの効果があり、ほかの脱毛機器に比べて優れているのかというのを調べるのってめんどくさいですよね。

今回は家庭用脱毛器「ケノン」の脱毛効果と、他社脱毛機器の比較をしてみたので参考にしてくださいね。

家庭用脱毛器「ケノン」は無痛とコストパフォーマンスNo1!他社脱毛機器と比較!

脱毛機器は効果はあることがもちろんコスパも大事です。
脱毛機器の正しい選び方と、選定するポイントはしっかり頭に入れましょう。

現在、家庭用脱毛器は多くの機種が販売されています。
その中でも最も人気があるのが、「フラッシュ式」と「レーザー式」です。

この脱毛器の中でも最も人気な商品が「ケノン」で、痛みが少なく、全身でも短時間での処理が可能な「フラッシュ式」を採用しています。

さらに、ケノンを販売している「エムロック」では過去にもいくつかのフラッシュ脱毛器を販売してきていますが、脱毛時の1ショットあたりの単価や照射面積、連射機能などを今回比較しているのでチェックしておいてください。
同じ方式の中でも「ケノン」が最も優れている理由もわかるはずです。

家庭用脱毛器はエステや医療機関に行くよりもお得ですが、高い買い物です。
永久脱毛まではできませんが、痛みが少なく、コスパも優れていて楽しみながら続けられるので、今回の記事での比較をしっかり確認して判断してください。

まずは「使える」脱毛器を選ぶこと!

脱毛器を選ぶときに、一番初めに頭に入れておくことは以下の3点になります。
ここを抑えるだけでも、購入後満足するかしないかが大きく左右されるのでチェックしておきましょう。

長期的なコストパフォーマンス

脱毛機器で安いのか高いのかを判断するうえで重要なことは「販売価格」よりも「維持費」です。

カートリッジは消耗品で照射回数が限られていることと、照射レベルが低いほど長く使用できます。
ちなみに「ケノン」は1ショット約0.15円です。

痛みの少なさ

人によっては、脱毛をすることで、かなり痛みを感じる人は少なからずいます。
中には泣きながら毛抜きをした経験もある方も多いはず。

痛みを伴う脱毛は長続きをすることがなく、逆にストレスになってしまいます。
フラッシュ式は痛みが少ないのが特徴なので、これまでの脱毛の痛みをかなり軽減できるかと思います。

1ショットあたりの面積

私はこれが結構重要だと思っています。
脱毛器によって1ショットあたりの照射できる面積は異なり、少しでも照射面積の広いものを選ぶことが重要です。

私のように剛毛の人は1ショットの面積が狭いと脱毛にかかる時間もかなり掛かり途中で疲れてしまうこともあります。
照射面積が広ければ広いほどスピーディーに脱毛ができます。
「ケノン」の照射面積は2×3.5cmと業界では最大の照射面積となります。

「ケノン」のようなフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器はどちらが優れているのか比較

従来の脱毛法は肌荒れや炎症、色素沈着などが悩みの種でした。
実際にレーザー式とフラッシュ式を比較してみると、肌への負担が少ないのは一般的にはレーザー式と言われています。

しかし、「ケノン」の連射機能は肌へのダメージが軽減されるので、こちらも肌への負担が少ないです。

操作性ではレーザー脱毛の出力レベルが5段階に対してフラッシュ脱毛のケノンは10段階の調整が可能となっており、肌の弱い人や強い人、脱毛初心者もエステサロンでフラッシュ脱毛を経験している人にもできるだけ広範囲に脱毛レベルを広げることができます。

また、1ショットで照射できる面積は、レーザー脱毛に比べ、フラッシュ脱毛の「ケノン」では7倍もの面積を照射することができ、効率的にレーザー脱毛よりも短い時間で脱毛をすることができます。

さらに家庭用脱毛器の差で注目するべきところは「痛み」です。
レーザー式は痛みが強いのが特徴です。
よくあるのは、高額の脱毛を契約したのにレーザー式の痛みに耐えられなくなるというケースがあります。
もちろん、医療機関でのレーザー脱毛であれば、麻酔などで痛みを抑えてくれるところもあったり、その後の処方箋も服用してもらえたりします。

家庭用脱毛器であれば、痛みがあまりなく、出力の微調整もできるフラッシュ脱毛の「ケノン」はおすすめです。
全体的にみても家庭用脱毛器として使うのであればレーザー式より、フラッシュ式の脱毛ですね。

家庭用脱毛器「フラッシュ式」と「レーザー式」を各項目別に徹底比較!

それでは家庭用脱毛器でフラッシュ式とレーザー式の違いを簡単な比較表で表したので参考にしてください。

家庭用脱毛器の「フラッシ式」と「レーザー式」比較表
比較項目 フラッシュ式 レーザー式
事前準備 サングラス着用
クーリングが必要
特になし
操作性 軽くて簡単 重い。ムラになりやすい
痛み ほとんど感じない
少し暑いと感じる程度
強い。輪ゴムで弾いたような痛み
肌への負担 普通 少ない
照射範囲 広い
ケノンは2×3.5cm
狭い
円形で直径1〜1.5cm程度
1回の脱毛にかかる時間 スピーディー かなりの時間がかかる
実感 繰り返し使うことにより効果が出てくる 比較的に短期間で効果が出る

家庭用脱毛器であるフラッシュ式は「ケノン」が一番おすすめ!他社製品と比較

家庭用のフラッシュ式脱毛器と言っても価格は3万円台から8万円を超えるものまで、いろんなメーカーから販売されています。

しかし、家庭用脱毛機器は安ければお得というのは大間違いです。
家庭用脱毛器を選ぶ基準は、販売価格よりも、消耗品を含めた「ランニングコスト」が重要です。
必ず、消耗品の価格を念頭に置いて購入するようにしましょう。

家庭用脱毛器で「ケノン」をおすすめする理由も、脱毛可能な部位や照射面積が広いところが特徴です。

家庭用フラッシュ脱毛器比較表
ケノン イーモリジュ 他社フラッシュ脱毛器
価格 69,800円 69,800円 30,000〜100,000円前後
1ショットあたりの面積 約0.15円 約0.46円 約4.7円
照射面積 7㎠ 4.35㎠ 3㎠
連射機能 6連射 3連射 連射機能なし
脱毛可能な部位 Vライン
ワキ
ヒゲ
指・腕
背中
お腹

まゆ毛
Vライン
ワキ
ヒゲ
指・腕
背中
お腹
Vライン
ワキ
ヒゲ
指・腕
背中
お腹

まとめ

家庭用脱毛器としてフラッシュ式かレーザー式に迷っている方は、私は「フラッシュ式」をおすすめします。
レーザー式にするくらいであれば、医療機関で、永久脱毛をすればいい問いもいますし、家庭用で使うのであれば、強い「痛み」を伴います。
痛いのが嫌なのであれば、医療機関で実施し、麻酔や痛み止めの処方をしてもらう方がいいです。

フラッシュ式であれば、とにかく楽に脱毛をしたいという人には断然お得で、その中でも「ケノン」は優秀と言っても過言ではありません。

ケノンが他社製品に比べ大きな差をつけているのが、脱毛の部位に「まゆ毛」があること、さらに美顔機能がついていることです。

そもそもフラッシュ脱毛自体、肌を綺麗にすると言われています。
実際にフラッシュ脱毛をした後は毛穴がキュッと引き締まって肌のがきめ細かくなったという声もあります。

ケノンは、「コストパフォーマンス」、「高性能な脱毛機能」、「美顔機能」が全て揃っているので、これだけあれば、エステがいらないと言われるのも理解ができるはずです。

ぜひ、家庭で手軽に脱毛をしたい方は「ケノン」を使ってみてはいかがでしょうか!

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ケノン

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.