ケノン

ケノンとエステサロンのコスト費用・脱毛効果・頻度を徹底比較

投稿日:

前回、ケノンとエステサロンの脱毛効果について紹介しました。
簡単にいうと、ケノンとエステサロンの大きな違いは照射レベルであり、エステサロンは患者の皮膚に対しやけどをさせない程度の照射レベルでしか治療をしませんが、ケノンでは初めから自分で照射レベルを調整でき、脱毛効果も、脱毛期間もケノンの方が圧倒的に早いということを紹介しました。

※前回の記事はこちらを参考

今回はもっと深堀して、ケノンとエステサロンの費用がどれくらいかかるのか、また、体の部位によってどのくらいの頻度で施術するのか、そして効果は どう違うのかを比較します。

脱毛エステサロンでの落とし穴も含めて紹介しますので参考にしてください。

家庭用脱毛器「ケノン」とエステサロンのコスト費用・効果・頻度など気になるポイントを比較!

まずは結論からいいますが、実際のところエステサロンの全身脱毛と家庭用脱毛器「ケノン」では、圧倒的に「ケノン」ほうがお得です。

エステサロンで全身脱毛をする際は50万以上の費用が掛かります。
こんな金額普通ではなかなか払えないですよね。

しかし、「ケノン」なら購入で約7万円、分割で購入した場合は月々3,000円程度で済みます。

また、エステサロンでは、入会金や事務手数料、年会費の支払いやその他、勧誘もありますが、家庭用脱毛器ケノンはそういったことは全くありません。
ネットで注文すれば、翌日には自宅に届き、脱毛をすることができます。

わざわざエステサロンに行って、手続きや施術する日程調整をするのもめんどくさいと思いませんか?

ケノンとエステサロンのコストと効果が出るまでの頻度の比較

次にケノンとエステサロンの脱毛器そのものの性能を比較します。
エステサロンがケノンと同じフラッシュ式だった場合、照射面積を比べるとエステサロンの業務用機器はおおむね2x5cmに対し、ケノンが2x3.5cmとほぼ大佐がありません。

しかし、出力の強さではケノンは家庭用脱毛器の中では最大級の照射出力を】持っています。
前回の記事でも紹介したように、エステサロンでは、医療行為が禁止されているため違法にならない程度の弱い出力で施術を行っているところもあります。(ケノンでいうとレベル2前後)

こうなると、エステサロンで効果を出すまでには、照射回数が増え、エステサロンに通う頻度は増えるばかりです。
これであれば、「ケノン」の方がいつでも簡単に過程でできますよね。

家庭用脱毛器ケノンとエステサロンのコスト・頻度を比較
ケノン エステサロン
照射面積 2x3.5cm 2x5cm
両脇 79円/6回
(1回あたり20ショット)
900円/6回
両ひじ下 198円/3回
(1回あたり100ショット)
3,000円/3回
両ひざ下 792円/3回
(1回あたり400ショット)
3,000円/3回
口元 40円/6回
(1回あたり10ショット)
3,000円/6回
VIO脱毛 - 9,000円/3回
初期費用 69,800円 入会金があるところも
その他 追加で購入した場合のカートリッジ代 キャンセル料が発生する場合も

脱毛のエステサロンとクリニックは大きく違いがあるので注意しよう

脱毛を行なっているエステサロンとクリニックには大きな違いがあります。

クリニックや医療機関での脱毛は国家資格を持った医師が施術してくれます。
そのため、医療機関しか使えない強力な機器、レーザーなども使用します。

痛みは伴う施術には麻酔も打てますし、火傷などのトラブル発生時は医療行為ができ、薬の処方もしてくれます。
永久脱毛ができるのはクリニックや医療機関のみです。

一方、エステサロンは手軽さが特徴とも言えます。
キャンペーン中であれば安く施術してもらえますが、厚生労働省が定めた法律内での施術レベルでしか施術できないので永久脱毛はできません。

エステサロンは手軽ですが、実は落とし穴もたくさんあります。
それを以下にまとめましたので紹介します。

資格のない人でもエステシャンになれ、アルバイトでも施術を行なっているエステサロンがある!?

脱毛の施術を行なっているエステサロンなので、本来であれば、施術を行う従業員には皮膚科学、生理解剖学、衛生学などの医学知識が必要なはずです。
しかし、実際は、知識も実務経験もない学生やアルバイトなどが施術しているケースも少なくはありません。

このような感じのエステでは、火傷などの肌トラブルがあるのも当然です。
エステの先進国である欧州では、エステシャンには公的な資格がありますが、日本では美容師のような国家資格がないのが現状です。

これであれば、家庭用脱毛器が売り上げを伸ばしているのもわかると思います。
今は情報がネットなどですぐにわかるので、消費者も賢くなっている証拠ですね。

また、今では家庭用脱毛器でエステと仕上がりは変わりません。

人気のあるエステでは予約が取りいくいし、自分の都合の良いタイミングで脱毛ができない

すでにエステサロンで脱毛をしている方はわかる方もいると思いますが、昨今の脱毛ブームのせいか、脱毛コースはとにかく予約が取りづらくなっています。
ましてや人気のエステサロンでは、自分の脱毛したいと思うタイミングでできないときもあるくらい。

また、エステサロンの場合、2ヶ月後に予約を取るように言われますが、実際に予約しようとすると次に施術してもらえるのは4ヶ月後という事も少なくはありません。

これでは自分の脱毛をやりたい時にタイミングよく予約を入れることが非常に困難です。
エステサロンでも従業員の数に問題があるので仕方ないとは思いますが、これであれば、家庭用脱毛器で自分の好きなタイミングで脱毛をした方が楽ですし、購入者が増えているのは当たり前ですよね。

エステサロンの安いキャンペーンの脱毛で利益は出ない

「ワキ毛脱毛 今だけ100円!」など、中には無料のキャンペーンなどエステサロンの広告をよく目にしますが、この本当の目的は顧客の新規開拓です。

普通のエステサロンであれば、技術力と実務経験のあるエステシャンがいるので、安いからといって仕上がりに差が出るわけではありませんが、悪質なエステだと、勝手にオプションを付け加えたり、全額返金保証がされていない、高額なコース契約の強制などのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

しかも、1回の施術で、効果を実感できるわけもないので、ついづるづると通っているうちに、お金がかかり、他の部位も脱毛したいと思い、支払う金額も増えていきます。

衛生管理が劣不十分なエステサロンも

今はそんなことは無いと思っているかもしれませんが、今でも悪質なエステサロンでは、同じ機械で大勢の人の、ワキ、脚、VIOといったデリケートゾーンまで施術されており、そのまま使われたりします。

通常であれば、顧客ごとに、機器の消毒や1回ごとのタオルやガウンの交換、消耗品の消毒は当たり前ですが、新規顧客獲得を狙うキャンペーン中の繁忙期などは、かなり疑わしいものもあります。
次々に、客が入れ替わり立ち替わり来店するので、衛生管理がおろそかになっているエステサロンは結構ある可能性は高いです。

このような事を考えるのであれば、衛生面で個人で注意をすればいい、家庭用脱毛器がおすすめです。
もし、家族で使用することがあってもカートリッジを交換すればいいだけです。

まとめ

家庭用脱毛器「ケノン」とエステサロンのコスト費用は断然、家庭用脱毛器ケノンがお得ですし、脱毛の効果である照射レベルも家庭用脱毛器であれば、自分で強いレベルに調整できるので、効果は高いですし、施術する頻度も早く、効果もすぐに出ます。

エステサロンが悪いとは言いませんが、エステで施術をして欲しい方は、衛生管理の面や設備、口コミなどをしっかりと確認して行く事をお勧めします。

私は、エステは恥ずかしいので、ケノンを使う派ですw

自宅で本宅脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ケノン

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.