親子で手軽に脱毛!悩みを解決するブログ!

剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ




家庭の脱毛

安全カミソリで剃毛をする際は両腕と両足に使った後は刃を替えること!

ムダ毛を処理する際は、安全カミソリを使って処理をする人が多いです。
しかし、正しい使い方と前後の肌にすることを怠っていると、逆に肌が傷つき、肌トラブルの原因となってしまいます。

今回は安全カミソリで剃毛する際のルールや使い方について紹介します。

安全カミソリで剃毛をする際は、両腕、両足に使用した後は刃を変えないと肌を痛めやすくなる!

安全カミソリには、使い捨てのものと替え刃式のものがあります。
上質な刃となると替え刃式の方が刃の質が良いです。

替えは式は、横滑りして肌が傷つくのを防ぐための安全ガードがついていたり、滑りをよくするようにコーティングを施したものなどがあるものを選ぶとなお良いです。

安全カミソリで剃毛をする際に、刃をこまめに替えたほうがいい理由

安全カミソリで剃毛をする際は刃はこまめに替えたほうが、肌への負担は少なくなります。
目安としては両腕、両足を一通り剃ったら刃を替えるくらいがベストです。

はっきり言って、替え刃式は替え刃が高いです。
6個入りで1,000円を超えるのは当たり前。メーカーの替え刃によっては、なかなか替え刃を替えるのがお金がかかるのが大変です。

そんなに定期的に替えるものかと思う方がいると思いますが、刃はそのくらい痛むのが早いです。
例えば医療メスなども、手術の途中でなんども替えます。
刃が痛んでくると、刃がギザギザになり、皮膚に余分な傷がつきます。また、刃が痛んでいるので切れないため、力が入ってなおさら肌が傷つきやすくなります。

なので、替え刃は定期的に替え、よく切れる上質な刃を、肌の上で滑らせるように剃毛することがもっとも肌に負担をかけない剃り方です。

剃毛をする際は石けんか、乳液をつけた後に剃るようにする

安全カミソリなどで剃毛をする際は、石けんか乳液などの滑りがよくなるものを事前に肌に塗っておくと良いです。
逆反りは肌を傷めますのでほどほどにしましょう。

また、前回の記事で書いたように剃毛する際の事前事後の処理やケアをするようにしましょう。

剃毛や脱毛、除毛の自己処理は使う道具によるメリットとデメリットを知ること!

自分でムダ毛を処理する方は多くいます。 その中で、自分が剃毛をするのか、除毛や脱毛をするのか、それぞれのやり方は違います。 今は、ムダ毛を処理するための道具は簡単で便利になってきましたが、その使う道具 ...

まとめ

ムダ毛を剃毛する際は、よく切れる上質の刃で滑らせるように剃ることが大切です。
剃毛する際のカミソリは替え刃のカミソリを選ぶようにしましょう。替え刃のカミソリは上質な刃を使っているので肌が傷つきにくいです。

ただし、替え刃のカミソリは、両腕・両足を一通り剃った後は替えるようにしましょう。
替え刃のカミソリは上質ですが、刃自体はなんども使えませんので、使い続けると刃がもろくギザギザになり、逆に肌を傷つけます。

また、剃毛する際、事前に石けんや乳液を肌につけて、カミソリの滑りをよくすることも大切です。
剃毛はムダ毛をすぐに綺麗にできますが、毛を処理する前後の肌のケアは必ず守るようにしましょうね!

それでは!



-家庭の脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2019 All Rights Reserved.