親子で手軽に脱毛!悩みを解決するブログ!

剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ




家庭の脱毛

剃毛や脱毛、除毛の自己処理は使う道具によるメリットとデメリットを知ること!

自分でムダ毛を処理する方は多くいます。
その中で、自分が剃毛をするのか、除毛や脱毛をするのか、それぞれのやり方は違います。

今は、ムダ毛を処理するための道具は簡単で便利になってきましたが、その使う道具によってメリットやデメリットはあります。
それぞれの道具を使うさいは手軽さだけで選ぶより、自分の肌に合うかで選ぶようにしましょう。

ムダ毛の処理(剃毛・除毛・脱毛)をするときはそれぞれの使う道具によって異なるメリット・デメリットを嫉妬おくこと

自分でムダ毛の処理をするときによく使われるのが、「カミソリ」、「毛抜き」、「ワックス」、「テープ」、「家庭用脱毛器」ですが、それぞれの長所と短所があることを頭に入れ、自分に合う方法を選ぶことが大切です。

毛を処理するときはどのやり方も事前にすべきルールを守るようにしましょう。
その事前のルールは、ムダ毛処理をする前に温めることです。※家庭用脱毛器は照射前に処理する箇所を冷やします。

どの毛を処理する道具でも必ず一定のリスクはあるものです。
それぞれのリスクは自己責任で実施することを前提に実施しましょう。

ムダ毛を処理するための基本は「事前に肌を温める」ことと「処理後は肌を冷やす」こと

ムダ毛を処理する際、基本的に肌を温めることが大切です。(家庭用脱毛器をのぞいて)
除毛するのは、体調の良い日のお風呂上がりがベストです。

脱毛や剃毛、除毛はどうしても皮膚に大きな負担をかけます。
ムダ毛の処理を行う場合はそれぞれどのような道具を使うかで注意していきましょう。

①ムダ毛の処理は清潔にしてから行うこと

まず、大前提として大事なことは毛を処理する部分の皮膚と石けんでよく洗ってから行います。
除毛した箇所から皮膚の中へ菌が侵入していくのを少しでも防ぐためです。

毛穴の中まで完全に除菌はできませんが、洗うことで皮膚表面の雑菌はかなり減少します。

②ムダ毛の処理は皮膚を温めてから行う

皮膚も体毛もケラチンというタンパク質でできています。
これは温度が下がると硬くなるという性質があります。そこで冬場などは、石けんで洗った後、皮膚を蒸しタオルで温めてから行うか、入浴後の皮膚も毛も柔らかくなっているときに行うといいです。

よく理容室などにいくと、ヒゲを剃ってもらいますが、そのときは事前に蒸しタオルでヒゲの数分間温めますよね。
これも同じことで、皮膚を温めることで毛穴を開き、毛を柔らかくして剃りやすくします。

カミソリで剃毛する際は、お風呂場で処理する部分をしっかり温めて実施すると効果的です。

③ムダ毛を処理した後は処理した箇所をよく冷やすこと

除毛による炎症を沈めるためには患部を水で冷やしたタオルや、アイスパックを使って毛を処理した部分の皮膚にしばらく当てておきましょう。
これは特にワックスや、テープ、毛抜きなどをした後に大切です。

毛の処理をした後は炎症を起こすことがあるので、そのままにしておくと肌トラブルになる確率が上がります。
処理をした後はしっかりと患部を冷やすようにしましょう。

④体調が悪いときはムダ毛の処理はしなようにしよう

皮膚の免疫は、体調によって変化します。
体調が悪いときは、ムダ毛を処理した部分の傷の治りも遅くなりますし、毛穴から侵入した菌によって化膿しやすくなります。

また、生理前や風邪気味、寝不足などのときはムダ毛の処理をすることはやめましょう。

まとめ

ムダ毛を処理する際、自己処理をする場合は、必ず使う道具のメリットとデメリットを知っておくべきです。

それぞれの道具の詳細については以下の記事を参考にしてくださいね!

カミソリ(剃毛)

毛抜き(脱毛)

ワックス(除毛)

クリーム(除毛)

家庭用脱毛器(光脱毛)

家庭用脱毛器(レーザー脱毛)

それでは!



-家庭の脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2019 All Rights Reserved.