家庭の脱毛

脱色クリーム(エピラット)などの擬似脱毛によるメリットとデメリット

投稿日:

家で脱毛をすると言っても、痛みがあったりするのが苦手な方は、「擬似脱毛」として脱色クリームを使っている方も多いはずです。

脱色クリームで、体毛の色素を抜き、金色の毛になることで当目から見ると毛が生えていないように見えるので体毛がないように見えます。
さらに毛を抜く行為をしないので肌への負担がかからないところも特徴です。

ちなみに、脱毛クリームのような擬似脱毛ではなく、抜く行為が嫌な方であれば、脱毛クリームもあるので、以下の記事を参考にしてくださいね。

今回は脱色クリームのメリットとデメリットについて紹介します。

脱色クリーム(エピラット)による脱毛のメリットとデメリット

やっぱり、毛を剃ったりすると、毛が濃くなるし、抜いたりすると、毛穴が広がったり、毛穴にばい菌が入って炎症を起こすのも嫌だという方は、脱色クリームを使っている人も多いことでしょう。

市販で売られている脱色クリームの場合、塗って数分間置いた後、拭き取るか綺麗に洗い流します。
見た目が欧米人のような金色の毛になるところが特徴です。

脱色クリームは、時間が経つと毛がまだらになってしまうので定期的に脱色しないといけない

脱色クリームは、黒い毛を金色にして体毛が目立たないようにするのが特徴ですが、皮膚の表面に出ている部分だけを脱硝するため、後から伸びてきた毛と色が違い、まだらに見えてしまうという欠点があります。

結果的にずっと脱色をし続けなければならなくなることが多いです。

また、オキシドールを使って脱色する人もいますが、これはオキシドールに含まれる成分によって毛根のメラニンを参加させ色を薄くするというものです。
これは昔から行われている方法ですね。

脱色クリームは人によっては皮膚の色も薄くなったり、アレルギー反応を起こす場合もある

脱色クリームは、毛の色を変化させるだけなので、脱毛クリームやワックスと違って、皮膚に直接ダメージを与えないという手軽な感じがあり、多くの人に使われています。

しかし、毛の色を変化させるということは、それだけ強い成分が含まれていると考えた方がいいです。
人によっては毛の色だけでなく、脱色クリームを塗った皮膚の色も一段薄くなってしまう場合もあります。

また、アレルギー反応を起こすこともあるので、使う前には必ずパッチテストをするようにしましょう。

脱色クリームでもおすすめは「エピラット」

脱色クリームでどの商品を選べばいいのか迷っている方は、「エピラット」をおすすめします。
エピラットはムダ毛処理のクリームを商品として老舗のメーカーとなります。

何と言っても、安心できる日本品質ですし、ムダ毛処理剤としても、毎年トップの売り上げをあげているメーカーです。

エピラット 脱色クリーム 60g+60g [医薬部外品]

脱毛クリームに迷っている方はとりあえず、これを使えば良いかと。
値段も安いので手軽に購入できますよ。

まとめ

脱色クリームは、擬似脱毛として、毛深い見た目をカモフラージュするために使ったりします。
ただし、脱色クリームは表面の毛だけの色を変えるため、後から生えてきた毛と色が違っており、まだら模様のような見た目になってしまいますので、定期的に使用しないといけなくなってしまいます。

また、手軽で簡単にできるのが特徴でありますが、人によっては毛の色が変わるだけでなく、塗った部分の皮膚も薄くなったり、アレルギー反応を起こすことがあるので注意しましょう。

体毛処理で脱毛をするのが苦手な方はぜひ、脱色クリームを検討してみてはいかがでしょうか。

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-家庭の脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.