家庭の脱毛

ブラジリアンなどで知られる脱毛ワックス・テープのメリットとデメリット

更新日:

脱毛ワックスと行ってイメージするのは、よくテレビでも見る「ブラジリアンワックス」ではないでしょうか。

ブラジリアンワックスは、脱毛ワックスと、テープで一気に毛を抜き取る脱毛方です。
やはり一気に体毛を引っこ抜くので、人によってはかなりの激痛を伴います。

しかし、脱毛の処理時間は短時間ですみ、一気に綺麗に脱毛ができるところが特徴です。

ちなみに前回、脱毛クリームについても記事にしているので興味がある方は、参考にしてください。

今回は脱毛ワックス・テープ(一時脱毛)のメリットとデメリットを紹介します。

脱毛ワックス・テープによる脱毛のメリットとデメリット

日常で脱毛ワックスやテープについては、以前までは見慣れない人も多かったと思いますが、今では結構市販で売られていたり、ネットでも簡単に購入できるようになっています。

脱毛ワックスの使い方としては、温めたワックス剤を皮膚に塗り、冷えたところで毛と一緒に一気に剥がします。
脱毛テープはテープ自体にあらかじめ粘着せいの強いワックスがついているのでこれを皮膚に貼り毛と一緒に剥がします。

メリットとしては一度にかなりの広範囲で脱毛できるところでしょう。
そこに毛があったのかってくらい気持ちよく撮れますし、結構クセになる人もいますよw

脱毛ワックスは毛の流れに逆らって剥がすので、かなりの痛みを感じる

脱毛ワックスのデメリットは上記での説明したように、とにかくテープを剥がす時が痛いんです。
ワックスのテープを剥がす時、毛の流れに逆らって剥がしますので、かなりの痛みを伴います。

また、ワックスで脱毛した毛穴が広がったり、毛穴から細菌が入り炎症を起こすなどのトラブルが起こる可能性があります。
脱毛ワックス・テープで処理をした後は必ず、処理をした皮膚のケアをすることを心がけましょう。

皮膚の弱い人は脱毛ワックスはやめておきましょう

脱毛ワックスやテープによる脱毛は、家庭での脱毛法王としては物理的な刺激が強く、皮膚にとってかなりの負荷がかかる方法です。
ワックスやテープを剥がす時には、毛だけではなく皮膚の角質まで一緒に剥がれてしまう可能性もあります。

ですので皮膚の弱い人にはおすすめはできません。

また、ワックスを使う時に、あまり熱くしすぎると火傷してしまうこともあるので、脱毛ワックスを温める温度には十分気を付けましょう。

まとめ

脱毛ワックスやテープは、一度に広い範囲を一瞬で脱毛することができます。
処理後は見た目は綺麗にはなりますが、脱毛をする際に毛の流れに逆らって剥がすので、かなりの痛みと伴いますし、処理した後の毛穴が広がったり、そこからばい菌が入り皮膚が炎症を起こすなどのトラブルを引き起こしやすくなります。

ワックスでの毛の処理の後は必ず、肌を清潔にし、アフターケアをしっかりすることを頭に入れておいてください。
せっかく脱毛をしたのに肌トラブルになってしまうなんて元も子もないですからね。

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-家庭の脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.