家庭の脱毛

脱毛クリームは剛毛な体毛でも処理が楽だがメリットやデメリットはあるのか!?

投稿日:

家でやる脱毛方法として、これまで、カミソリでの擬似脱毛や毛抜きの脱毛を紹介しました。

カミソリでの脱毛はこちらの記事を参照

毛抜きでの脱毛はこちらの記事を参照

カミソリや毛抜きに比べると少し出費がかさみますが、短時間で手軽に脱毛ができるし、カミソリのように肌を傷つけることがないので、肌荒れもないところが特徴です。

脱毛クリームは処理後も見た目が綺麗ですし、毛自体は脱毛クリームで溶かされているので、カミソリのように処理後にチクチクすることもありませんし、毛も生えてくるのは若干遅く生えますので、一回の処理が楽です。

今回は脱毛クリームのメリットとデメリットについて紹介します。

脱毛クリームによる脱毛のメリットとデメリット

脱毛クリームは一時脱毛とされています。
皮膚の表面に脱毛クリームを塗り、しばらく放置することで、毛を溶かすという働きをします。
あくまで脱毛クリームは表面に出ている毛を溶かすだけなので毛根はそのまま残りますが、カミソリで剃った時のように毛の断面が太くなることもなく、伸びて来時のチクチクした嫌な感じもありません。

脱毛クリームは、以前は匂いのきついものが多かったのですが、最近ではそれほど匂いもきつくなく、さらに肌に優しい成分を配合しているの商品も多いので、肌への負担が少ないです。

脱毛クリームの「溶かす」という行為は皮膚にも何らかの影響がある

脱毛クリームは一見、カミソリや毛抜きよりも肌へのダメージが少ないと感じるかもしれませんが、やはり、毛を溶かす効果があるということは、皮膚にも何らかの影響を与えると考えた方がいいです。

そもそも、脱毛クリームは、体毛がアルカリに弱いという性質を利用し、毛を溶かして脱毛するという仕組みになっています。
クリームの化学作用で、毛のタンパク質と一緒に皮膚の保護膜も溶かしてしまうため、人によっては肌がかぶれたり、アレルギー反応を起こす場合もあります。

脱毛クリームを使用する際は、処理の前に必ず体の一部でテストをし、肌に影響がないことを確認してから使うようにしましょう。

脱毛クリームを使用する際は、「放置時間」を守ること!

脱毛クリームを使用する際は、使い方の注意書きなどに表示されている放置時間を必ず守るようにしましょう。

よく、脱毛クリームを塗って、家のことをしているうちに、放置時間が過ぎてしまったということがあります。
こんな時、肌の弱い人が時間を過ぎてそのままにしておくと、クリームを塗った箇所が赤く腫れ上がったりする場合もあります。

脱毛クリームを塗るときは必ず、「放置時間」を守り、時間が来た時に速やかに拭き取るか、水やお湯で丁寧に洗い流し、コールドクリームなどで処理後の肌をいたわるようにしましょう。

脱毛クリームは同じところに連続して使わないこと!

脱毛クリームの処理後、取り残した毛があっても、同じところを連続での使用は避けましょう。

再度脱毛を行うときは、何日かおいてからにするなど日を改めて処理するようにしましょう。
脱毛クリームは注意書きをしっかり読んで処理することが何よりも大切ですよ!

まとめ

脱毛クリームは、カミソリや毛抜きに比べて、処理後の肌が綺麗になるし、肌を傷つけたりするトラブルはありません。

しかし、人によっては、脱毛クリームが肌に合わず、処理後に肌が赤く腫れたり、アレルギー反応を起こす場合があります。
肌荒れがひどい人は、直ぐにやめ、病院に行き肌を見てもらいましょう。

また、脱毛クリームを使用する際は、「放置時間」をしっかりと守り、時間が来たら速やかにクリムーを拭き取るか、洗い流し、最後に肌のお手入れをすることが大切です。

なんども言いますが、脱毛クリームは使い方、注意書きを見ないと、トラブルになる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

それでは!

全身の永久脱毛は医療機関で!リゼクリニック

男性のリゼクリニックメンズリゼクリニック

男性におすすめ!4年間無制限の脱毛は医療レーザー・ゴリラ脱毛



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-家庭の脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2018 All Rights Reserved.