親子で手軽に脱毛!悩みを解決するブログ!

剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ




子供の脱毛

子供が毛深く悩んでいる時にレーザー脱毛をするべきなのか?おすすめはケノン

私の子供は今年で3年生になる男の子ですが、すでに結構毛深くヒゲなども濃くなってきているので、子供用の髭剃りなどをして処理をしてあげています。

また、年々体毛が濃くなってきているようで、本人も気にしているようです。
なるべく早い時期に脱毛をしてあげたいのですが、なかなか医療機関にいってレーザー脱毛を受けさせるというのは親としても抵抗はありますよね。

今回は子供のレーザー脱毛について調べてみたので紹介します。

子供の毛深い悩みをレーザー脱毛で処理したほうがいいのか?家庭用脱毛器ケノンもおすすめ!

子供の脱毛をするには、年齢的な面でトラブルがあるのかということを心配されている方は多くいます。
子供が悩んでいる姿を見るとどうにかしてあげたいのは親心ですよね。

私も子供の頃にはこの体毛のことはずっと悩みでした。
小学校に行ってると毛深いことでからかわれたりすると結構傷つくものです。

ある脱毛に関する雑誌をみていると、以前近くの美容整形医院に子供の毛深いことで相談したこともあるそうですが、親御さんの心配をわかってもらえず、素っ気いない対応で終わってしまったということもあるそうです。

このようなクリニックにはまずは行かないようにしたほうがいいですね。
人の気持ちもわからない専門医はアウトです。

脱毛サロン・クリニックでレーザー脱毛を受ける前のカウンセリングで準備する4つのこと

脱毛をする上で欠かせないのがカウンセリングです。 レーザー脱毛や絶縁針(ニードル)脱毛をする際には必ずこのカウンセリングを受け、納得した上で治療をするのが基本です。 初めてのカウンセリングは緊張するか ...

子供の体毛はちょうど小学校3年生頃から毛深くなってくる

子供の体毛はちょうど小学校3年生頃から毛深くなってくるので、毎年、夏休みや冬休みなどに、小学生の子供を釣れた親が脱毛の相談にくることが多いようです。

この時期は第2次成長とも呼ばれ、ホルモンの働きが活発になり、手足の毛だけではなく、脇や正規の周辺にもけが生えてきます。
病気というわけではなく、毛が生えている子供にとっては毛の悩みの始まりとなります。

子供の脱毛は急いでレーザー脱毛をすることはない

小学校の体育などで、短パンを履いていると男子も女子も毛深い子は周囲にからかわれてたり、最悪登校拒否になったりする子もいたりします。

また、親からも、家族は毛深くないのにあなただけ毛深いのはなぜ?とか、母親やお姉ちゃんは毛深くないのにあなただけ父親に似てしまったのかという何気ない一言でも結構傷つくものです。

特殊なケースでレーザー脱毛を行うことはあるようですが、人間は悩むことも一つの成長の家庭でもありますし、精神的にも成長する時期でもあります。
しっかりと子供と話し、コミュニケーションを取りながら長い目で脱毛を考えていきましょう。

急いで永久脱毛をする必要はないかと思います。

家庭用脱毛器「ケノン」は小さな子供でもおすすめ

まだ、レーザー脱毛での永久脱毛ではなく、簡単に家で脱毛ができる「ケノン」をおすすめします。

ケノンはレーザー脱毛ではなく「フラッシュ式の脱毛器」です。
価格は少し高いですが、数万回の脱毛が可能であり、寿命がきてもヘッドを交換すれば半永久的に使用することができます。

また、ケノンは脱毛効果だけではなく美容効果もあるので、子供の皮膚には影響を与えることなく脱毛をしてくれます。
今、子供の脱毛に悩んでいる方は「家庭用脱毛器ケノン」の購入も考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

子供の体毛の悩みは多くの人が抱えています。
親としては、どうにかして子供の悩みを解消してあげたいものです。

もし、クリニックに相談をしに行くのであれば、しっかりと相談に乗ってくれる専門医のところで相談するようにしましょう。
あまり親身になって考えてくれないところはすぐに切ったほうがいいですよ。

また、家庭用脱毛器などの選択肢もあるので興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

それでは!



-子供の脱毛

Copyright© 剛毛ゴリ夫の脱毛ライフ , 2019 All Rights Reserved.