医療レーザーと絶縁針脱毛の効果とメリット・デメリット

これまでこのブログでは医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛のことに関して紹介してきました。

脱毛・永久脱毛には大きく分けてレーザー脱毛と絶縁針脱毛の2つがあります。
では実際にどちらの脱毛をすれば良いのかと思いますが、それぞれの脱毛にはそれぞれの特徴があることはこのブログでも紹介しています。

レーザー脱毛と絶縁針脱毛(ニードル)の効果と治療の違いと比較

2019年1月12日

今回は、医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛のメリット・デメリットについて紹介します。

医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛の効果とメリット・デメリットは頭に入れておくこと!

正しい脱毛をするためには、まず正しい情報を収集し、知識を得ること。
そしてカウンセリングとテスト脱毛をやっているクリニックを探し、納得のいくところに当たるまでは何件もハシゴをすることも大切です。

また、カウンセリングでは自分の希望をはっきりさせ、時間と回数、料金もしっかりと確認することが大切です。

これに対して親身になってくれるドクターを探すことも重要なことということを忘れないでください。
脱毛は安ければいいということではありません。

しっかり、自分が満足できる脱毛をするためには信頼の置けるクリニックで脱毛を受けることが大切です。

それでは以下で、実際に脱毛をする場合、レーザー脱毛と絶縁針脱毛のメリットとデメリットを説明します。
今後の脱毛をする際に知識として身につけておきましょう。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

医療レーザー脱毛のメリット・デメリットは以下となります。

脱毛サロン・クリニックでレーザー脱毛を受ける前のカウンセリングで準備する4つのこと

2018年12月23日
レーザー脱毛のメリット・デメリット
メリット  絶縁針脱毛に比べ、時間、回数が少なくて済む
毛を伸ばしておく必要がない
デメリット メラニンの多い日焼け肌、乳首、世紀周辺には不向き
休止期の毛根にはレーザーは届かない
レーザー脱毛に向く部位 脱毛範囲が広く比較的脱毛が太く濃い部分(ひざ下など)ムダ毛を伸ばしておけないところ

医療レーザー脱毛は痛い?エステの針脱毛と比較すると痛みはないのでおすすめです!

2018年12月20日

絶縁針(ニードル)脱毛のメリット・デメリット

絶縁針脱毛のメリット・デメリットは以下となります。

絶縁針脱毛のメリット・デメリット
メリット  毛周期に左右されず、一本一本、確実に脱毛できる
デメリット 毛を最低2〜3mm伸ばしておかなければならない
痛みあり(麻酔あり)
レーザー脱毛に向く部位 ムダ毛を伸ばして置けるところ。脇など

絶縁針(ニードル)脱毛の仕組みと効果!レーザーだけでは永久脱毛は無理!?

2018年12月12日

まとめ

医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛は完全な永久脱毛をする際には併用して脱毛すると綺麗な脱毛ができます。
それぞれの脱毛法のメリットとデメリットを頭に入れ、クリニックのドクターとしっかりカウンセリングし、自分の納得いく脱毛をするようにしましょう!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼い頃から剛毛になやまされ続け、ムダ毛に悩まさられ続けた私の脱毛体験記を綴っています。 いかに安く脱毛ができるのか研究し論文、書籍を読み現在、家庭用脱毛器トリアで脱毛実践中。 また、男性のための脱毛クリニックなど最新の脱毛情報を発信します!